池田社労士事務所TOPICS

アクセスカウンタ

zoom RSS 雇用促進税制について

<<   作成日時 : 2011/07/29 18:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

税制改正法が公布され、雇用を増やす企業を減税するなど税制上の優遇制度(雇用促進税制)が創設・拡充されました。
―以下厚労省HPより抜粋―

@  1年間で10%以上かつ5人以上(中小企業は2人以上)従業員を増やす等の要件を満たした事業主に対する税制優遇制度が創設されました。従業員の増加1人当たり20万円の税額控除が受けられます。この優遇措置を受けるために必要な「雇用促進計画」の受付は、8月1日からハローワークにおいて開始します。
※平成23年4月1日から8月31日までの間に事業年度を開始する事業主の場合は、10月31日までに届出が必要です。
※9月1日以降に事業年度を開始する事業主の場合は、事業年度開始後2か月以内に雇用促進計画の提出を行ってください。

A 次世代育成支援対策推進法の認定を受け、「くるみん」を取得した事業主に対する税制優遇制度が創設されました。新築・増改築をした建物等につき、認定を受けた事業年度において割増償却をすることができます。

B 障害者を多数雇用する企業に対する税制優遇制度が拡充されました。これまでは以下の(1)(2)のいずれかの要件を満たす事業主が割増償却制度を利用できましたが、重度障害者の一層の雇用促進を図る観点から、(3)の要件を満たす事業主についても、割増償却制度を利用できるようになりました。
(1) 従業員に占める障害者の割合が50%以上(※1)
(2) 雇用している障害者数が20人以上 (※1)であり、かつ、従業員に占める障害者の割合が25%以上(※1)
(3) 法定雇用率1.8%を達成している事業主で、雇用している障害者数が20人以上(※2)であり、かつ、雇用障害者に占める重度障害者(※3)の割合が50%以上(※2)

※1 短時間労働者を除く重度障害者は1人を2人とカウント(ダブルカウント)。重度以外の障害者である短時間労働者は1人を0.5人とカウントします。
※2 ダブルカウントなし。短時間労働者は1人を0.5人とカウントします。
※3 重度身体障害者、重度知的障害者、精神障害者

○ 届出様式や詳細は、厚労省HPをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudouseisaku/koyousokushinzei.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

雇用促進税制について 池田社労士事務所TOPICS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる