池田社労士事務所TOPICS

アクセスカウンタ

zoom RSS 短時間労働者に対する社会保険の適用が拡大されます

<<   作成日時 : 2016/09/01 09:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 平成28年10月から、社会保険(厚生年金保険・健康保険)の加入対象者が拡がります。
 
 現在、被保険者となるのは一般社員(フルタイム正規型)の1週の所定労働時間及び1月の所定労働日数が4分の3以上あるパートタイマー等ですが、10月からは特定適用事業所に勤務する週20時間以上働くパートタイマー等にも適用されます。
 (※特定適用事業所とは、同一事業主の適用事業所の厚生年金保険被保険者数が1年間で6カ月以上、500人を超えることが見込まれる事業所をいいます。)

適用拡大の対象者は、以下の要件全てに該当する短時間労働者です。

(1)週の所定労働時間が20時間以上であること
(2)雇用期間が1年以上雇用されることが見込まれること
(3)賃金の月額が88,000円以上(年収106万円以上/残業代や交通費などは含まない)であること
(4)昼間学生でないこと
 
今後、社会保険加入対象者については、3年以内に検討し必要な措置を講じることとなっており、さらなる適用の拡大が見込まれます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

短時間労働者に対する社会保険の適用が拡大されます 池田社労士事務所TOPICS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる